東条湖おもちゃ王国に行ってきた!0歳からOK♪楽しみ方【口コミ】

過ごしやすくなってきたものの、まだまだ暑い日が続きますね。

「せっかくの夏。どこかお出かけして思い出作りをしたいなぁ。でも暑いし・・・海やプールも、1日炎天下の下では疲れが溜まる・・・」

なんて考える方も多いのではないでしょうか?

 

先日、我が家は『おもちゃ王国』へお出かけしてきました。

私は小学生以来だったのですが、当時ももちろん、今、親として訪れても楽しめる!ということに嬉しさを感じながらの1日でした。

乳幼児さんをかかえ、ご兄弟の歳が少し離れていれば遊びも、遊び方も違ってきて、尚更お出かけが難しくなりますよね。

そしてせっかく行くなら私たち親も楽しんじゃいましょう!

 

スポンサードリンク

 

まず・・・おもちゃ王国って?どんなことを下調べした?

toykingdam

冷暖房完備の室内で遊べるおもちゃのお部屋や、プールエリア(入場料は別。プールが無い場所も有り)、乗り物エリアがあり、0歳から大人まで1日楽しめます。

 

全国に、大分・岡山・兵庫・愛知・群馬と5ヶ所あり、それぞれ雰囲気や内容が少しずつ違います。

私が小学生の時に訪れたのが、群馬県の『軽井沢おもちゃ王国』、今回私たちが行ったところは兵庫県にある『東条湖おもちゃ王国』です。

参考おもちゃ王国公式サイト

 

みなさんもほとんどの方が一緒だと思いますが、下調べの段階では、どんなところか?アクセスや周辺施設、口コミをチェックしておりました。

1番はベビー施設が十分なのか?足りない部分があるのなら自分たちでどう補っていけるのか?

子どもは楽しめそうか?が主でした。

 

ネットを使ったり、行楽本を買ってみたりしました。ちなみに、うちが購入したのは「いこーよ」という本です。

外遊びから室内、水族館や動物園、様々なジャンルがあり、割引も付いています。

賢く割り引きも使っていきましょう( ^ω^ )

 

スポンサードリンク

 

設備など実際はどうだった?

  • 0歳から大人まで楽しめる(大人がしんどくなりすぎません)
  • 歳が離れた兄弟でも、それぞれが楽しめる場所がある
  • 料金がリーズナブル(な方だと思います)
  • ベビー関係の施設が充実している→ベビーカーのレンタル(持ち込みOK)、授乳室、オムツ替えシート、粉ミルクや離乳食、紙おむつの販売、離乳食の温め可
  • 迷子ステッカーあり
  • お子様プレートや低アレルゲンのメニュー有り
  • おもちゃや乗り物エリアとプールがあり、夏にはもってこい!1日楽しめる
  • ベンチや食事スペースの充実
  • レストラン、軽食の売店の充実
  • お弁当などの持ち込み可
  • 近くに宿泊施設があり、めいいっぱい遊べる(宿泊なしでもランチ付きや温泉付きでパスポートも販売しています)
  • たとえ乗り物に待ち時間があってもしれてます(笑)テーマパークのように◯時間待ちなんてありません

 

素直に「楽しかったね!」「子どもも楽しんでくれていたね」「また行きたいね」というのが夫婦間の感想です。

我が家は、プールエリアにはいかず、おもちゃエリアのみで楽しんだのですが、乗り物やおもちゃがたんまりあって、娘は大興奮!

特に大好きなおままごとエリアでの笑顔は最強でした(笑)

 

おもちゃ王国の楽しみ方

子どもさんやご家族が考えることが1番だと思いますが、せっかく行ってきたので、お伝えしようと思います♪

 

お天気がいい時にはお弁当持参で

ありがたいことに、飲食物の持ち込みOKなのですよ!!!

ママは朝大変ですが、こんな風に家族でお出かけし、外でみんなで食べるご飯は更に美味しく感じられることでしょう♪

次回から持参することを決めた我が家です|( ̄3 ̄)|

 

子どもは外でも室内でも遊ぶ!親は外で遊んで、室内で休む!笑

外には乗り物のおもちゃがズラリ。約20種類!

そのうち11種類の乗り物が、0歳でも付き添い有りで乗ることができます♪

せっかくですし、乗ってみましょう)^o^(

toykingdam2

 

外で遊んだあとは室内へ。

おままごとエリアやリカちゃん人形、木のおもちゃが揃った知育玩具エリアなど数カ所あります。

 

室内は、夏は冷房・冬は暖房を設備。

おままごとスペースは特に広く、保護者が部屋の端で座って見守りながら子どもを遊ばせることができるので、親としては嬉しいですよね。

 

年齢に合わせて遊び場所を選べる

歳が離れている兄弟や、動きが活発になり始めた子どもさんがいると、兄弟の中でも、どうしても遊び方に差が出てきます。

できることなら家族みんなで動きたいけれど、下の子が乳幼児だったら難しいところ・・・。

 

そんな時でも大丈夫。パパに上の子をお願いして、ママは下の子の授乳や室内遊びに付き合うことだって出来ちゃいます♪

無理なく、我慢させることなく遊ばせることができるのは嬉しいことですよね。家族揃ってストレスフリーです。

 

ショーやイベントも参加しよう

おもちゃ王国のキャラクターや、大型連休にはアニメキャラクターなどがショーをしてくれます。

一緒に写真を撮れたりするので、観に行ってみましょう!

 

イベントでは地元の方?(ここは不明ですが)の発表の時間があり、子どもたちも参加できるものを発表していらっしゃいました。

私たちが行った日は、オカリナの演奏に合わせて子ども達に鈴を鳴らしてもらっていました。

 

お泊まりして丸ごと楽しむ

近くには宿泊施設があります。宿泊プランに入園料が含まれているものがあったりします。時間や予算に余裕があればお勧めしたいです。ママも息抜きになるでしょう。

入園券はチェックイン時に渡されることが多いので、1日目は到着までにグルメを楽しんだりして、2日目に思い切り楽しんだり、

プールがある場所なら、1日目はがっつりプール、2日目におもちゃエリアでガッツリ楽しむ、でもいいでしょう。

 

アネデママ
いかがでしたでしょうか? 

乳幼児(特に乳児)を連れてのお出かけは場所にも設備にも悩みがち。できたらみんなで楽しみたいですよね。

これからも、子どもがのびのび遊べて、家族みんなで楽しめる場所をご紹介できるようにお出かけしたらご報告していきます♪

子どもの最高の笑顔をゲットしましょう(≧∇≦)

お出かけ・遊び

スポンサードリンク

いつもシェアありがとうございます!
アネデママ

アネデママ

による記事。★27歳。2013年女の子出産の新米ポジティブママ。自分の学びも兼ねて、経験談など役立つ記事を書いていきます。