認知とは?父親が子供を認知するしないの違い、メリットとデメリット

子供を授かったものの、子の父親と婚姻関係を結ばずに出産するときに考えなければならない「認知」問題。

ときたま芸能人に隠し子が発覚して、「認知は未定」などとニュースになることもありますね。

 

認知とは一体どんなものなのでしょうか?
認知するのとしないのとでは、どんな違いがあるのでしょうか。

「認知はさせときなさいよ。」なんて助言が多いですが、必ずすべきものなのでしょうか?

未婚の母が、子の父親に子供を「認知」してもらうことのメリットとデメリットとは?

 

スポンサードリンク

 

認知とは?

認知とは、婚姻関係を結んでいない男女の間に生まれた子供を、父又は母が自分の子であると認めることです。

一般的には、父が自分の子と認めることを言います。
母親の場合は、自分の子であることが明らかですから、子供が産まれた時点で法的な親子関係が生じることになっています。

 

ただ「俺の子だ。」と口で言っただけや、認識しただけでは法的な効果はありません。

認知届を提出することで、正式に認知されたことになり、
親と子の間に法律上の親子関係が結ばれ、それに基づき権利義務関係が発生します。

 

認知を する しない の違い

法律上の親子関係が結ばれる

→空欄となる子供の戸籍の父親欄に、父親の名前が載ります。
→胎児認知をすると、出生届の父親欄に父親の名前が載ります。

→父親の戸籍にも、認知が記録されます。

認知していないければ、血縁関係はありますが、法律上は「赤の他人」です。
子供の出生届や戸籍の父親欄も、全くの空白となります。

 

親子関係に基づいた権利義務関係

法的に親子となることで、以下の権利義務関係が生じます。
主に「金銭関係」です。

1 扶養義務、養育費の支払い
  • 父子の間に、お互いの扶養義務が生じます。
  • 子供が成人するまでの養育費を請求することが出来ます。
  • 子供の成人後、父親が生活に苦しんでいれば、生活を扶助する義務が生じます。
    (親→子とは違い、自分の生活を犠牲にしない程度、余裕のある範囲内の義務です。)
2 親権
  • 父母間の協議によって、親権を父親に渡すことができるようになります。
3 相続権
  • 父親の遺産の相続権が子供に認められます。
  • 以前まで婚外子(非嫡出子)の相続分は実子(嫡出子)の1/2でしたが、法律の変更で平成25年9月5日からは実子と同じ相続分になりました。

 

スポンサードリンク

 

認知のメリットとデメリット

認知をすると、以上の法的な親子関係、それに基づく義務権利が発生します。

それがメリットになることが多いでしょう。

 

養育費の支払い請求ができる

法的に親子の関係になると、扶養義務が生じます。
そのため、父親に子供の養育費を請求できるようになります。

 

認知をしなくても、養育費は支払うという男性も中にはいるかもしれません。

ですが、養育費とは監護費用のことです。

認知をしていない=親子ではないということは、子を監護する義務が無いため、養育費を支払う必要はないわけです。

いつ養育費を支払わなくなっても、文句は言えません。

 

認知をすれば、法的に養育費を支払う義務が生まれます。

「相手は借金もあるし、金にはだらしないし、養育費なんてハナから期待してないから別にいいわ……。」ということもあるかもしれませんが、
養育費は借金より優先されるので、たとえ相手に借金があっても請求することができます。

相手に収入がない場合は請求が難しいですが…
相手の親に話し合いで訴えかけたりすることもできなくはないですし、
相手に収入やお金ができた際には、養育費を請求することができます。

 

母親に子供を成人まで養えるだけの収入や資産があるなら良いですが、大抵の場合は厳しい生活になることも多いでしょう。

母親がいつ不慮の事故や病気で亡くなったり、働けなくなったりするかも分かりません。

 

そういう点で、養育費の請求ができる認知をすることは大きなメリットになります。

 

相続権が認められる

父親の遺産の相続権が子供に認められます。

平成25年9月5日より前は、非嫡出子は嫡出子の1/2という相続分となっていましたが、今は嫡出子と同じ相続分と変更になりました。

負の遺産(借金)がある場合は、遺産放棄できます。

父親の遺産を相続することで、将来子供がお金に困っていたら助かることがあるかもしれませんね。

 

出生届、戸籍に父親の名前が乗る

認知していないと、父親欄は空白になりますが、
認知をするとその時点で父親欄に父親の名前が載ることになります。

認知しない場合、母親等が父親のことを話さなければ
子供は自分の父親が誰なのか、自分のルーツが分かりません。

もし母親が父親のことを話す前に突然亡くなったりしたら…
子供が父親について知りたいと思っても、それはとても難しい問題となってしまいます。

 

機会はそう多いものではないですが、
子供が戸籍を目にするときは必ずやってきます。

その時に父親欄が空欄だったら、子供はどう思うだろうか?
ということを考えて、認知をさせるという母親も多いですね。

 

実際、子供がどう思うかは分かることではありません。

父親の名前がある

△→父親が誰なのかわかる
◎→ちゃんと認知してくれたんだ、自分の子供とちゃんと認めてくれたんだ
×→認知はしたのに、なんで〇〇(結婚しなかった等)なの?

父親の名前がない

×→空白にショックを受ける
△→自分の父親が誰かわからない
×→どうして認知してくれなかったの?捨てられたんだ…

など。

 

大変クズな男だったから、そんな人に父親として認知してもらいたくないと思う母親もいると思います。

子供も知らないほうがむしろ幸せだと、思うかもしれません。

 

しかし全く父親を知らない子供にとっては、どんなにクズであろうと、そう聞かされていようと、自分の父親に興味を持つことは多いようです。

父親の名前、どんな人間なのか、自分が実際に会ったり見たりして、自分で判断してみたいと思う。

 

ただ戸籍に名前があるだけで、安心感があるかもしれません。
ただ空欄というだけで、小さな小さなわだかまりが事あるごとに子供を支配するかもしれません。

あるいはその逆かもしれませんし、戸籍や父親のことについて全く興味がないかもしれません。

どう思うかは、子供次第です。

 

中には、子供が父親を尊敬できるように、「立派な人だったよ。」と嘘を付くために
父親に認知させないようにするという母親もいるようです。

優しい嘘かもしれませんね。
でも、なぜそんな立派な人が認知してくれなかったの?と思うかもしれません。

 

認知する、しないにしても
子供が納得できる話ができるようにしておく準備と覚悟が必要です。

 

認知のデメリット

認知のデメリットはほとんどありません。

子供にも父親の扶養義務が生じるということくらいです。
成人後、父親が生活に困っている場合、子供の生活の余裕の範囲内での義務になります。

父親があまりにもだらしのない野郎で、子供からの扶助を当てにしてくると目に見えている。
子供には一切関わらせたくない、迷惑を掛けたくない!という場合には、認知させないことが子供のためとなることもあるかもしれません。

そんな極端な場合でなければ、母子にとって父親の認知は、デメリットはないと思って良いでしょう。

 

認知はいつからいつまでできる?

認知は、いつでもできます。なので、父親が音信不通になるという心配がなければ、
すぐに決断せずにゆっくり考えても大丈夫なわけです。

父親の死後3年まで認知請求できます。

子供の出生後の認知はもちろんのこと、
胎児のうちに行う「胎児認知」や、子供の死後にまで行うことが可能です。

胎児認知は母親の承諾が必要、
成人後の認知は子供の承諾が必要で、
死後の認知(相続権のため)は、子供の直系卑属(子、孫)が行えます。

 

大事なのは出自より今の環境だと思えるように

子供を認知する、させるということは
父親としての最低限の義務を果たすこと、最低限の環境づくりとも言えるかと思います。

「認知をしない」ということのメリットは、父親にしかないでしょう。

 

認知届を出すのは、子供の代理です。

自分がもう関わらりたくないから、ではなく、子供にとっての最善を考えられると良いですね。

子供にとっての最善とは何かは、子供にしか分かりません。
母親にとって認知は難しい問題になるかもしれませんが、

認知するしないに関わらず、父親がいなくても
母親や家庭の環境が健やかで楽しいものであることが、子供にとって最善なことは確かです。

楽しい家庭を作りましょう^^

夫婦 / 妊娠・出産 / 子育て・子供

スポンサードリンク

いつもシェアありがとうございます!
姪っ子の叔母

姪っ子の叔母

による記事。★20歳。姉(27歳)と子供や親に関する記事を書いてます。他の記事も見てね。