浴衣 妊婦の着付けや着方の注意点!帯の位置や妊婦用浴衣について

妊婦でも、夏の花火大会やお祭りなどのイベント、旅行や温泉のシーンなどで浴衣が着たい♪

けれど……

帯とかお腹の赤ちゃんには良くないのかな?着ちゃいけないのかな?お腹が大きく出ているけど着れるのかな?等々心配も。

 

でも昔の人は妊婦さんでも着物や浴衣を着て過ごしていたのですから、着れないことはありませんよ^^

妊婦さんが浴衣を着るには、いくつかコツや注意点があるので、そこに気をつけて楽しみましょう。

 

スポンサードリンク

着付けはプロに頼む…?

浴衣の着付けは着物より簡単なので、自己流だけど自分や家族が着付ける!という人も多いかも。

でも妊娠中(特にお腹が出てきている妊娠中期・後期)の着付けは、帯でお腹を締め付けないようにしたり、はだけないようにしたりなどコツが要ります。

 

花火やイベントなど、浴衣を来て出かけるという場合、着付けに慣れていない人はプロに頼むのが一番!なのですが……

ここで注意。中でも妊婦さんに着付け経験のある方に頼むべし。

経験のない人の場合、着崩れないようにと締め付けてしまう等、妊娠中の着付けの勝手が分からないことも。

年齢層の低い美容院などよりは、経験豊富な専門の着付師さんや呉服屋さんなどが安心です。

 

着付けが出来る方は、締め付け具合など勝手がわかるので自分でやったほうが◎

 

妊婦用浴衣…?

浴衣は手持ちのサイズで大丈夫です。

が、後期などかなりお腹が大きく出ていれば、
丈が上がってしまったり開けてしまったりサイズが合わないことはあります。

 

妊婦用の浴衣というのもあるらしいですが、通販では見つかりませんでした。
実店舗ではマタニティ用として売られていることがあるそうですよ。

セパレート式の浴衣ということなので、
妊婦用とされていなくても二部式浴衣を新しく購入するのも良いかもしれません。

妊娠中サイズが合わないからといって大きいサイズやマタニティ用を買うのは、ちょっとね……。

 

二部式浴衣は、スカートになっているので妊婦さんでも楽に着られるはず。上下で分かれているので、丈が上がりすぎたり、胸元が開けるということもなし。難しい着付けの必要もありません。

サイズは変わらないので出産後も着られます。
子供連れでお祭りや花火大会に行くのに、普通の浴衣では大変ですが、セパレートなら洋服感覚で着ていけますよね♪

 

二部式浴衣は着物問屋さんで沢山取り扱っています。

二部式浴衣のページ-着物問屋

あとチチカカのエスニック浴衣も超可愛いです。
こちらはセットの帯が手染めの兵児帯(妊娠中におすすめ)です。

 

妊婦さんの浴衣の着方 注意点

帯の位置

妊婦さんがお腹を締め付けてしまうのは良くないですよね。

 

妊娠初期だったらお腹も出てないので、締め付けすぎないようにして普段と変わらず着ることが出来ます。

中期後期でお腹が出ていると、普段通りに帯を締めるというわけにはいきませんね。

 

帯の位置は、お腹が出ていればお腹のでっぱりの上(胸の下)が良いかなと思います。

お腹の上(一番出ているところ)であったり、お腹の下だったりというのも悪くはないのですが、
子宮を締め付けないことと自分が楽に感じる位置にすることがポイント。

お腹が出ていてあんまり下の位置に帯を置いても、はだけやすくもなりますし、基本は胸のちょっと下が良いですね。

 

帯の柔らかさ

普通の着付けでは、腰紐や伊達締めはしっかりと締めますが、妊婦さんの場合は締め付けないようにしましょう。

そのため、伸びがよく柔らかいゴム製やシャーリング入りのものを使って下さいね。

腰紐や伊達締め、いずれかがないと着崩れが心配です。
セパレートの浴衣ならなくてOKです。

 

また帯も兵児帯を使うのがおすすめ。

固い帯だと締め付けも強いですし、暑さも気になるかも。
立ったり座ったり寄りかかったりも楽に出来、扱いも楽なので良いですよ。

 

普通の帯でも大丈夫ですが、着物素人ならプロに着つけてもらう場合のみとしたほうが無難ですかね。

結び方はお太鼓や男結び、貝の口結びが平たくてスッキリしているのでおすすめ。

 

はだけやすい

あまり締め付けないように着付けしているので、着崩れしやすくなります。

 

お腹が大きくせり出している妊娠後期あたりだと、浴衣の身幅が足りなくなって胸元がはだけやすくなるので注意しましょう。

また胸とお腹の段差でもはだけやすくなるので、胸とお腹の上にタオルを入れて補正するのもありです。

 

足元に気をつける

浴衣は足さばきが悪いですし、お腹が出ていると足元が見えづらいです。

妊婦さんが浴衣を着るときに一番気をつけたいのは転倒かも。

着慣れていない人は、本当に気をつけてくださいね。下駄も履かないほうが良いです。

 

暑さ、冷え

浴衣って結構蒸し暑くなりますよね。
妊娠中はただでさえ体が熱いので、異常な暑さを感じてしまうかも。

また夜着て外に出る場合は、逆に足元の冷えなどに注意。

 

スポンサードリンク

 

体調に注意

最後に当然のことですが、体調と赤ちゃんを再優先させましょうね。

着慣れない着物。
妊婦さんじゃなくても、浴衣を着て出かけるととっても疲れます。

妊婦さんなら尚更。体調が良くても、気持ち悪くなったり貧血で倒れてしまうことがあります。

 

花火大会やイベントに着ていくなら、
人混み、暑さ、緊張……他にも具合が悪くなる要素、キケンな要素があります。

出先で気分が悪くなるのも困りますし、何かあったときに着慣れない浴衣というのも困ります。

 

浴衣を着るか着ないか、イベントに行くか行かないか、よくよく考えましょう。

もちろん、妊娠中に浴衣を楽しむこと自体は全然悪いことではないですよ^^♪

お出かけ・遊び / 妊娠・出産 / 妊娠中

スポンサードリンク

いつもシェアありがとうございます!
姪っ子の叔母

姪っ子の叔母

による記事。★20歳。姉(27歳)と子供や親に関する記事を書いてます。他の記事も見てね。