1歳代のイヤイヤはなぜ?理由と7つの対処法!私はこう対応中

前回、イヤイヤ期の時期や過ごし方などについて触れましたが、今回は1歳代のイヤイヤについて取り上げてみようと思います。

関連イヤイヤ期いつからいつまで?上手な付き合い方と私の接し方

 

スポンサードリンク

 

1歳代のイヤイヤの特徴・理由

どうしていいか分からないイヤイヤ

生まれてから1年。1歳になると出来ることが増えてきたり、様々な気持ちを感じられるようになります。

確かにうちの娘も、1人で本を読んだり、思い通りにできない時はわめいたりしております。

自分で理解できる感情もありますが、まだまだ自分でも分からない感情が多く、その感情の対処の仕方がわからず泣く、ということが多いようです。

 

強要されたり、やらせてもらえなくてイヤイヤ

歯磨きやお着替え、片付けなど、やりたくないのに強要されたり、自分に意欲的な気持ちがあるのにダメと言われたりすることがイヤで泣いたり怒ったりします。

 

生理的なイヤイヤ

オムツが汚れていたり、お腹が空いたり眠い、などを表現する時に泣いたりします。

 

イヤイヤに個人差が出てくる

1歳後半には「イヤ」という気持ちを感じるのが強くなります。

そしてその思いが解決するまでイヤイヤしたり、違うことを振ることで気が紛れたりと、子どもによって差があります。

 

どんなイヤイヤが多い?イヤイヤのケース 8

  1. ご飯を無理やり食べさせる・嫌いなものを無理やり食べさせる
  2. 自分で食べたいのにやらせてもらえない
  3. 着替えたくないのに着替えさせられる
  4. 自分で服を選びたいのに選ばせてくれない
  5. 自分で服を着たいのに着させてもらえない
  6. まだ遊びたいのに片付けられる・遊びを止められる
  7. ママと遊びたいのに構ってもらえない
  8. 周りのマネをしたいだけなのにダメと言われる

上記が特に多いようです。

 

う〜ん。。うちは 3・6・7・8 が当てはまりました^^;;

イヤイヤが始まった当初は、「も〜!時間ないのに」とか「やらなきゃならないこといっぱいあるのに〜」とか思っていましたが、

扱い方が徐々に分かってきた今思うと、それは「私の事情」だったな〜なんて反省です。

子どもにもちゃ〜んと想いがあるのですね。1人として認めてあげなければ!と思います。

 

スポンサードリンク

 

イヤイヤとどう付き合う?7つの対処法

1 気持ちを推測し、代弁したり認める

「お着替え、難しいね」など、推測&代弁することで「わかってくれた」と感じ、早く落ち着きを取り戻すことができます。

 

2 押し付けない・強要しない

「このくらいやってよ〜」「このくらいできるでしょ」なんて思わず、目の前の子どもにまずは合わせてみましょう。

そしてできないことは少しずつチャレンジさせたり、時には「やって」という甘えを受け入れてあげるのもいいですよ♪

 

3 大人の都合にしない

一方的に片付けたり、着替えさせたり急がせたりするのではなく、時間に余裕があるときに先に声がけをしたり、急ぎのこと以外は後回しにすることで、

子どもの世界があることを認めてあげる。

 

4 スキンシップを取る

子どもが甘えてきた時はなるべく受け止めてあげる。

子どもの不安が解消され、ママへの愛着もさらに深まりますし、相手を大切にする心も身につきます。

 

わたしは、これが課題です。。

できる時もあればできない時もあり、寂しい想いをさせているかも・・・と思って反省の日々;;

1番大事なことかもしれませんね。

 

5 尊重しながら言葉をかける

「ママも一緒にしてもいい?」など子どもを尊重しながら言葉をかけると受け止めてくれやすいです。

 

6 遊びながら・楽しいことをイメージさせながら進める

「お着替えしたらお外行こう〜?ワンちゃんいるかな?」なんてお話しながら着替えたり、足でいないいないばぁをしながらオムツを替えたり・・・
と、少しでも気が紛れ楽しい雰囲気を出していくとノッてきます(笑)

 

7 子どもの鏡ということを忘れない

マネして欲しくないことは子どもの前でしない・出さない!これ鉄則!!!

自身の経験でよ〜くわかったのですが、子どもはよく見ています。「わ、マネされてる!」なんてことが度々^^;

私たちがお手本になることで子どもは変に興味をもたないので、マネもしない、ということなのです。

ですが、そう完璧にも行かないので、マネされたり変に興味を持った時は理由を説明してやめさせたり、自分も直しましょう。

 

・・・わたしはこれも課題でございます(苦笑)ただいま、努力中。

実践したら子ども、変わりますよ〜(≧∇≦)
やはり、相手を変えることは出来ないので、そのために、自分が変わらないとですね!

 

4、最後に

今回は1歳代のイヤイヤについてまとめてみましたがいかがでしたか?

1歳のイヤイヤ期…なんらかの抜け道が見つかりましたでしょうか?

 

この記事も今までも、大きなことを言っている私ですが、周りの方からアドバイスをいただいたことや、実践したり子どもに効果があったもの、自分が経験してわかったり感じたことを元にしています。

このようにまとめることで更に自分を奮い立たせることができます。

わたしも、これを読んでいただいてる皆さまと育児を頑張っていきたいと思います!

子どもがのびのび育ってもらえるように私たちも成長していきましょうね^ ^

 

次は2歳代のイヤイヤについてまとめて行く予定です( ´ ▽ ` )

ついにきた!子供が私を親にする2歳代イヤイヤの8ケースとその対処法!

乳幼児 / 子育て・子供

スポンサードリンク

いつもシェアありがとうございます!
アネデママ

アネデママ

による記事。★27歳。2013年女の子出産の新米ポジティブママ。自分の学びも兼ねて、経験談など役立つ記事を書いていきます。