歯固めって何のためにいつから使うの?必要性はその効果とメリットに有り!

歯固めって何のため?
なんだか語呂のいいフレーズですね。

 

赤ちゃんのための「歯固め」。

育児アイテムとしては定番ですが、
どんな効果があって何のために、いつから使うのかご存知ですか?

絶対に必要なものなのか、疑問に思うパパママもいるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

歯固めって何のため?

赤ちゃんの口の中は、歯が生えていなくて柔らかいピンク色の歯茎だけ。
あれにしゃぶられると、たまらんですよね。

しばらくすると可愛い乳歯が顔を出してきますが、
歯が生え始めるときというのは、どうにもむず痒く感じるものなのです。

 

そのために赤ちゃんは
指をしゃぶったり、歯茎をこすったり、そこらへんにあるものをカミカミしたりして

ムズムズする歯茎を気にするようになります。

 

この時期の夜泣きやぐずりの原因も、
歯茎が痒くてイライラして機嫌が悪いせいということがありますよ。

まさに歯がゆい思いをしているわけですね。

 

赤ちゃんの成長と安全を考えて作られている歯固めはここで活躍。

適度に生え始めの歯茎をマッサージしてムズムズを解消しながら
歯の成長をサポートしてくれるのです。

 

歯固めの必要性|効果とメリット

歯固めは絶対に必要か、と言えば
使用理由からみれば必ずしも必要なものというわけではありません。

 

しかし歯固めのような適切なアイテムを使わない場合、

  • 自分の手で触ったりそこらへんの物を口に入れて雑菌が入りやすくなる
  • 指しゃぶりの癖がつく
  • 口や手を傷つけてしまう
  • ひとに噛み付く

などの可能性があります。

 

しっかり噛めて飲み込まない大きさのおもちゃなら歯固めの代用にもなりますが、

歯茎のマッサージに適切な硬さや形、安全性や衛生面を考えると、
ひとつはちゃんとした歯固めを持っておくと安心かな?と思います。

 

スポンサードリンク

歯固めには、ご紹介したような

  • ムズムズストレスを解消!機嫌も良くなるかも
  • 適度なマッサージで乳歯の成長をサポート

という効果の他にも、

  • 丈夫な歯・顎の発達をサポート
  • 物の形状や硬さ、大きさなどを識別する力を養う

といった効果もあります。

 

識別力は他の物をカミカミしていても養えるわけですが、

歯固めは、赤ちゃんが噛むということだけでなく
そういう面の成長も考えられたおもちゃであるものも多いです。

 

こうした機能面、そしてもちろん安全衛生面でも
そこらへんの物をカミカミさせるよりメリットがありますよね。

 

歯固めは必要な時期はいつからいつまで?

さてさてそんな歯固めは何ヶ月頃に与えれば良いのでしょうか?

 

大体6ヶ月頃から……と言われることが多いですが、
あくまで赤ちゃんの歯の生え始めの平均的な時期というだけ。

赤ちゃんの乳歯が生え始める時期は、生後3ヶ月~9ヶ月と個人差が大きいです。

 

ですので、赤ちゃんそれぞれの生え始めの時期に合わせればOK。

 

まだ歯が顔を出していなくても、
赤ちゃんは歯茎のむず痒さを感じていることもあります。

今までとは違うような夜泣きやぐずりをしたり、
指をしゃぶったり物をガジガジしたりして歯がゆそうなら

それが歯固めを与えるベストタイミングですね!

からだの健康 / 乳幼児 / 子育て・子供

スポンサードリンク

いつもシェアありがとうございます!
姪っ子の叔母

姪っ子の叔母

による記事。★20歳。姉(27歳)と子供や親に関する記事を書いてます。他の記事も見てね。