妊婦の夏の服装と注意点|暑いけど冷やさないファッションで快適に

晴れの日が続き、アクティブになれる夏。

 

私は四季の中で一番好きな季節です。ですが、妊娠中は別でした。「早く夏よ終われ〜」と祈る毎日(笑)

そんな時に限って10月いっぱいまで夏日が続くという悲惨な年でした^^;

 

妊婦さんにとって1番辛い季節が夏かもしれません。

でも、必ず夏はやってきて、避けられないし、妊娠時期とかぶる人も多いはず。

 

今回はそんな暑い夏を出来るだけ快適に過ごしていけるような服装や注意点についてまとめます。

 

スポンサードリンク

 

1、妊婦さんの夏・・・色々エピソード

ここでは実際に妊婦さんとして夏を経験したママさんのお話をご紹介します!
共感出来る部分があるかもしれません(o^^o)

 

 妊娠したら体温が高くなるとは聞いていたけど、夏になり、想像以上の汗やしんどさにはびっくり。

 動かなくても汗。動いたらもっともっと汗。。。タオルを持っていないと不安だった。

 汗じみや汗のにおいが気になった。特にお尻の汗。

 あせもや皮膚トラブルに悩んだ

 冷えた

 太ももの裏とお尻から半端なく汗がでて恥ずかしかった。

 デリケートゾーンのトラブル

 

などなど。個人差はありますが、この中で少なくとも1つは当てはまってくると思います。

 

教えていただいたママさん達も、「そうそう!!!!」と共感し合っていました。

 

私は、上記にもありますが、汗の量にびっくり!冷え性の私が、動かなくても汗汗汗・・・。

全身はもちろん、特に太もも裏とお尻。椅子に座るときは汗じみになるのでは!?とドキドキしてました。

汗をたくさんかいたので、冷えてよく風邪を引いていました。

夏=風邪の思い出が強いです(苦笑)

 

2、夏の妊婦服はどんな服選びが理想?

私が経験して感じたのは

  • いかに涼しいか
  • 薄すぎないか
  • 動きやすいか
  • 通気性が良いか
  • 汗を吸ってくれるか
  • 産後も着れるか

 

これらです!!!

これらを踏まえ、どんなものを選んでいくのか以下にまとめてみました。

 

おすすめのファッション

 

  • ストレッチのきいたレギンスパンツや、お腹を締め付けないよう、ウエストがゴムで調節出来るもの
  • チュニックやAラインのトップス
    →マタニティー用ではなくても、普段より少し大きめのものであれば産後も重宝。体型カバーもできちゃいます
  • 汗取りパット(汗パット付き)を使う
    →インナーも、脇の部分に汗取りみたいなものが付いているものがありますよ♪パットと言っても見た目、わかりにくいです。
  • 前開きのものを選ぶ
  • ガーゼ&コットン、麻、テンセル素材を選ぶ
  • もっぱらワンピースorマキシスカート

 

ちなみに私はもっぱらワンピース&マキシスカートで乗り切りました。特に【ユニクロのブラトップマキシワンピ】は楽ちんで重宝♪

冷え防止&汗の吸収率をあげるため、綿100パーセントのレギンスを履いていましたよ。

インナーはユニクロやGUの汗取り付きのもの。

 

お洋服は【授乳服とマタニティ服のMilk tea】というお店の通販サイトで1着購入しました。
私はマタニティー用のお洋服はこの1着のみ。それもマキシスカートなので産後もOKのもの。

 

あとはいつも自分が購入するショプで買い足したりしましたよ。

汗じみがつかないか不安はありましたが、これらのアイテムのお陰で、比較的に楽に過ごせていたと感じています。

 

スポンサードリンク

 

3、注意したいこと

  • 出来るだけ日差しを避けて、水分補給をする。夏バテや熱中症予防になります。
    日傘をさしたり帽子をかぶったりして、暑さも回避しましょう。

 

  • 汗をかいた後の冷えや皮膚トラブル
    ハンドタオルやハンカチは必ず持ち歩き、汗をかいたらすぐに拭く!これ鉄則!!
    湿疹も出来にくくなるので一石二鳥。

 

  • 冷房の温度&温度差に気をつける
    お店の中ははじめは良くても意外と冷えていることに気がつきます。
    カーディガンを羽織ったり、ストールなどを活用するとうまく調節できますよ。

 

  • インナーを着替える
    特にお仕事されている方は、出勤後、着替えると冷えずに快適です。
    お仕事されていない方も、1日お出かけする際に、着替えとしてあったら助かります。

 

  • 室内では薄手の腹巻や、お腹まですっぽり隠れるショートパンツ(冬でいうモコモコパンツの夏バージョンなど)を履く

 

  • 洋服が薄ければいいという訳ではありません。
    薄すぎると汗の吸収率が下がるので、薄くても素材をみて選ぶ

 

  • マタニティー用じゃなきゃいけない、ということはありません。
    自分が好きなショップで選んで購入できたら、モチベーションも上がりますよね!!!
    マタニティー期間もおしゃれなコーデを楽しみましょう♪

 

4、最後に

いかがでしたでしょうか?

普段とは違った基準で夏服を選んでいくと、今までとは違った自分の好みを発見できたり、今までとは違ったジャンルのお洋服を着たりと

なかなか楽しめるところがありますよ!!

すでに今も暑いですが、これから迎える夏、出来るだけ快適に過ごせることを願います^^

からだの健康 / 妊娠・出産 / 妊娠中

スポンサードリンク

いつもシェアありがとうございます!
アネデママ

アネデママ

による記事。★27歳。2013年女の子出産の新米ポジティブママ。自分の学びも兼ねて、経験談など役立つ記事を書いていきます。