赤ちゃんアトピー対処法!予防にもなるお肌ケア【アトピー持ちママの経験より】

赤ちゃんとの生活が始まり、嬉しいことがある反面、様々な悩みも出てきますよね。

その中でもお肌トラブルの1つ。アトピー性皮膚炎

 

私は2歳からアトピー持ちです。
小さい頃はかなり酷く、辛かったのを覚えています。

ですが、今。
まだ症状はありますが、だいぶ綺麗になってきて、薬も弱いものに変わっています。

 

やはり、ケアは大事!!!

今まで色々とお話を聞いたり、試したり・・・
そんな経験をもとにまとめます^^

 

スポンサードリンク

 

1、お肌の状態と原因て?

もともとお肌が乾燥しやすく、バリアー機能が低いのが原因。

赤ちゃんは生後2ヶ月頃から診断されることがあります。

赤ちゃんは特に敏感肌なので、乾燥すると少しの刺激で発症してしまうのです。

 

かゆみの強い湿疹が頭部や顔、皮膚の柔らかいところから始まり、赤くカサカサしたり、ジュクジュクしてかさぶたができたりします。

かゆみを感じるとついつい手がいってしまい、良くなったり悪くなったりを繰り返しやすいです。

 

私は全身に症状が出て、痒くて痒くてたまりませんでした。

痒くてかくと、更に痒くなるし、かと言って我慢がきかないのです^^:

 

2、アトピーになっちゃった時のケア

①汗をかいたらシャワーで流す!

汗や汚れは痒みの原因になります。

たくさん汗をかいた時は1日2回を限度とし、シャワーですっきりさせてあげてくださいね♪

 

この時、石鹸などのボディーソープは使わなくてOK^^

もしシャワーが難しければ、冷やしタオルで拭いてあげるのもいいですよ☆

拭く面を一箇所ずつかえてあげると更にいいです♪

 

②1日1回は入浴する!綺麗にしてから保湿!

入浴する際は、洗浄料を使い、パパやママの手で優し〜く洗ってあげてくださいね。

この時ゴシゴシこするのはNG!洗浄料をよく泡立てて洗うのがコツ☆

お風呂から上がったら、たっぷり丁寧に全身を保湿しましょう。

 

↓私が子供に使っている洗浄料と保湿剤はこちらで紹介しています。
リンク:赤ちゃんのスキンケアにおすすめ保湿剤&ボディーソープランキング5

 

スポンサードリンク

 

③お風呂はぬるめ!短時間で!

オススメは38〜39度のお湯で5分程度だそうです。

熱いお湯は痒みを引き起こしやすくなります。

また、熱いお湯に長時間入ると肌が乾燥しやすくなるので要注意!

 

大きくなって感じたことですが、熱いお湯ってかなり気持ちがいいんです。

でも、その気持ちよさのすぐ後にはとてつもない痒みが襲ってきます。

気持ちよさを知っているから繰り返してしまい、毎回、後悔でした><

 

④処方薬を医師の指示通りに塗る

お肌を清潔にしたらよーく水分を拭き取り、指示通りに薬を塗ります。

「よくなってきたからいいか」と医師以外の判断で薬を塗るのをやめるのはNGですよ!

 

3、最後に

赤ちゃんのお肌が赤かったり、掻いている姿をみるのは正直辛いですよね。

赤ちゃん自身も辛いはず。

 

だけど、アトピーになってしまうのは誰のせいでもないんです。

きっと、自分やパパやママだからこそ乗り越えられるもの、としてきたものなのではないかな〜と私は思っています。

 

すぐに良くなる赤ちゃんや長期戦になる赤ちゃん。

様々ですが、ゆっくりでも症状が軽くなっていけるよう、最善をつくしましょうね!

わたしも、諦めずにまだまだ頑張ります^^

からだの健康 / 子育て・子供

スポンサードリンク

いつもシェアありがとうございます!
アネデママ

アネデママ

による記事。★27歳。2013年女の子出産の新米ポジティブママ。自分の学びも兼ねて、経験談など役立つ記事を書いていきます。