子供って傘は何歳から差せるの?初めての傘サイズなど選び方を知ろう

子供って大人の真似をしたがりますが、

特に傘は大好きですよね。

 

1歳を過ぎた頃から、自分も傘を差したくて仕方がない!

でもまだ傘をちゃんとさせなくておもちゃにしかならないし、危ないのでやすやすとは渡せない!

 

傘は何歳から差せるようになるのでしょうか?

いつから持たせてもいいんでしょうか?

初めての傘の選び方もご紹介しますね。

 

スポンサードリンク

 

傘は何歳から差せる?

個人差がありますが……

 

上手に傘が差せるのは何歳?

傘の役割をちゃんと認識して差せるようになるのは、大体4歳くらいのようです。

(でも雨を被らないように注意しながら持つのは、小学校1年生でもまだまだ下手だったりするみたいですね。)

 

専用の傘を買ってあげたのはいつ?

初めての専用の傘は2歳~3歳ころ買ってあげたという方が多いです。

親が雨の日に抱っこして移動するのも大変になる時期で、
子供も傘を差したい!と言い出すので、良い機会だしめしめ……と傘デビュー。

 

案外上手く差せたりして、びっくりすることもあるようですよ。

早いうちから傘に慣れていると、自分でちゃんと持てるようになるのも早いかもしれませんね。

 

いつ買えばいい?

結局いつごろ専用の傘を買ってあげたらいいのか?

 

中には1歳半から専用に傘を持たせたという方もいますので、

もちろんちゃんと親が見ている、傘の使い方を教える、傘の形をしたおもちゃという前提であれば

子供が欲しがったときで良いと思います。

 

実際の雨除けは、レインコートやレインハット、長靴がやってくれるんですけどね^^

 

まずは家の中や晴れの日に外で
傘の開け閉めを練習したり、

傘の役割や、振り回したり投げたりしちゃダメだ
ということを教えたりすることから始めると良いでしょう。

 

お外で傘デビューでも、
雨や風が強い日は控えて、ちゃんと子供を見ていられる余裕のあるときに持たせましょう。

 

スポンサードリンク

 

初めての傘の選び方

何サイズ?

2歳ごろ傘を買うなら、小さい40cmの傘でもまだ大きいはずです。

グラグラして危ないので、サイズは体にあったできるだけ小さいものを選びましょう。

 

35cmという子供傘、探したらありますね。

手開き傘(無地×35cm)

手開き傘(無地×35cm)
価格:499円(税込、送料別)

 

安い!可愛い!

ダイソーなど100円均一にも、これぐらい小さい傘が置いてあることがあるようですので覗いてみてください。

 

安全設計
  • 傘の先など鋭利な部分が丸くなっているもの
  • 開閉部が指を挟まないようになっているもの

これは子供用の傘なら大体施されていますが、確認しましょう。

 

  • 傘の布が透明

ただでさえ小さい子供が、傘に覆われてしまうと大人からは何も見えなくなってしまいます。

上から子供の様子が見えるように、クリアなビニールの部分がある、あるいは全面クリアなものを選びましょう。

 

  • キャラ物は……

キャラ物は上ばかり見るのでNG!という意見、
キャラ物は大切に扱ってくれるので◎!という意見

両方ありました。

子供のタイプから選んでみてください(笑)

 


以上、初めての傘の選び方でした。

使い方をちゃんと教えてあげれば、大人の真似をして素直に上手に使える子も多いでしょう。

 

早い内から慣れていると、傘を差すのも上達します。

親としても自分で傘を差してくれて楽になるかもしれませんので、傘を欲しがったらプレゼントしてあげるのも良さそうですね。

 

その時は、使い方をしっかり教えたり、ルールを決めたりして
安全に使えるようにしてあげましょう。

子育て・子供

スポンサードリンク

いつもシェアありがとうございます!
姪っ子の叔母

姪っ子の叔母

による記事。★20歳。姉(27歳)と子供や親に関する記事を書いてます。他の記事も見てね。