離乳食お弁当はベビーフード?手作り?初期・中期・後期別アドバイス

bento

離乳食が始まる頃は、赤ちゃんもとても大きな成長を遂げている頃ですね。「あんなに小さかったのに・・・」と振り返ってみたり。

そんな、今も成長中の赤ちゃんとのお出かけ。

 

「離乳食始まってるけど、どんなもの持っていったらいい?」
「周りのママさんはどんな風にお出かけ時の食事を乗り切っているの?」

な~んて気になったり、不安も出てきますよね。

 

今回は、私が通っている病院の栄養士さんと自分、仲の良いママさんのアイディアを参考に

離乳食期のお弁当についてまとめてみました^^

 

スポンサードリンク

 

どんなものを持っていこう?

大きく分けて2つ☆市販のものか、手作りか!

市販のものなら……

ベビーフード

今のベビーフードはすごいですよ~!!

ご飯とおかずのセット(スプーンが付いているものも有)になっているものもあれば、レトルトパックになっているものもあります。

 

大まかな月齢ごとに区切られているので、選びやすくて使いやすい!!

お家では作るの面倒だな~なんて味付けやメニューもあり、選ぶのが楽しいです。
ママは食事作りの休憩になりますし、赤ちゃんもいい経験になります。

 

ベビーフードは月齢表示されているものの、少し柔らかめに作られています。
メニューによっては月齢が少し上のものを選んでもいいかもしれません。

加えて、出来る限りバランスよく選んでいきたいですね。

 

レトルトパックのものにするときは、1つ空きタッパを持っていくと食べさせやすいです。あ!スプーンもお忘れなく!

 

大人用のお弁当をシェア

大人用のものは添加物や調味料などがたくさん入っているので、正直おすすめはしません。

ですが、赤ちゃん用のものを落としてしまったなどのハプニングや、緊急のときがあったりしますよね。

 

そんなときは、この方法も1つです^^

出来る限り添加物が少ないものを選びましょう。和食がおすすめ☆

 

手作りなら……

その名の通り、手作りです(笑)

お手間はかかりますが、わが子の好きなものを入れてあげたり、苦手なものをそーっと忍ばせたり出来るのです!!

 

「家以外の場所で食べる」というのが子どもにとって大きな刺激となり
苦手なものも食べられた!という奇跡を生むこともあるのだとか♪

また、手づかみ食べが始まっている赤ちゃんにも楽しんでもらえるようにメニューに取り込むことができます。

 

離乳食期・時期別のお弁当の違いは?

離乳食期別の手作りお弁当の一例を紹介しますね!

でも、面倒なとき、疲れたときはベビーフードに頼りまくりでしたよ(笑)

 

ここで1つ。。

離乳食が始まるとママの負担て大きくなりますよね。

荷物も増えるし、「外でご飯を上げる」という、気持ちの負担。
そして卒乳をしていない赤ちゃんとのおでかけは尚更。。

 

だから、うまく息抜きしましょう。

栄養士さんのお話だと、「必ずご飯をあげなくちゃ!」「必ず2回あげなくちゃ」と気負いせずにいていいのだそう。

 

1日、母乳やミルクの日があったり、1回くらい離乳食じゃなかったり・・・大丈夫!!

(毎度毎度になると離乳食が進まないので注意ですが、)たまにサイクルが崩れてしまうのは仕方のないこと。

ママが元気で笑顔なら十分です!!!

 

スポンサードリンク

 

①離乳食の始まり~2回食くらいまで(初期~中期)

手作りを持参される方は、ご飯におかずを混ぜ込むとバランスもOK!荷物も減る!さいこー!となるわけです。

まだまだ軟らかい物や水分を多く含むものを食べる時期なので混ぜ込むと水分漏れも防げます。

 

<例>

  • 人参、小松菜、白身魚、ごはん→お出汁で合わせたおじや
  • ほうれん草、鶏ひき肉、キャベツ、ごはん→トマトペーストであわせたリゾット風

 

②3回食~完了(後期~パクパク期)

この時期になるとミルクで代替ということが難しくなってきます。
よって、出来る限りお弁当を持参したいところ。

中身は赤ちゃんが良く食べてくれるものを中心に作ると、お外でもパクパク食べてくれます。

 

例えばうちの場合・・・(1歳のとき)

<例1>

・ひじきご飯・かぼちゃ・ブロッコリー
・トマト・野菜入りスクランブルエッグ
・鶏つくね

<例2>

・おかかご飯
・豆腐ハンバーグ
・かぼちゃの出汁煮(水煮もあり)
・サツマイモ、人参、レーズンのグラッセ
・ブロッコリー

 

赤ちゃんは日ごろどんな食材が好き?赤ちゃんがハマっているものは何?
を考えると準備しやすいですね。

 

おやつについて

「おやつ」というものは、「足りないエネルギーを補うため」にあります。
時間を決めること、与えすぎには注意したいところです。

 

離乳食の始まり~2回食くらいまで

ふかしたサツマイモやフルーツはおすすめですよ~!!
食べやすくつぶしたり、小さく切ってあげてくださいね。

 

市販のお菓子なら、唾液で溶けやすい個包装になっているものだと、食べやすく無駄になりにくいです。

わたしは、たまごボーロや鉄分入りのクッキーを持参していましたよ。

 

まだまだ食べられる食材も限られているので、初めての食材は避けましょう。

お菓子も、何が含まれているか、アレルギー源となるものはあるかなど確認する癖をつけましょう。

 

3回食~完了

ふかしたサツマイモやフルーツ、ちいさなおにぎり、フルーツペーストを挟んだサンドイッチなど。

市販のお菓子なら、鉄分やカルシウムが含まれているものを選んでいくと、おいしく栄養も摂れます。

 

食べられる食材も増え、動きも活発になってくる時期ですね。
沢山動いて遊んでほしい!!

だからこそお菓子だけではなく、エネルギーとなるものも食べさせてあげたいですね。

しかしながら、量にはご注意を!お昼ごはんや夕ごはんが食べられなくなっては困っちゃいます。

 

最後に・・・

一概に「離乳食」と言っても幅広く、本や周りの情報もたくさんありますね。
気負いせず、それぞれの家庭の方針を基本に、うまく情報を取り込み、楽しく進められたらいいですよね。

わたしも頑張ります!!!

お出かけ・遊び / 子育て・子供

スポンサードリンク

いつもシェアありがとうございます!
アネデママ

アネデママ

による記事。★27歳。2013年女の子出産の新米ポジティブママ。自分の学びも兼ねて、経験談など役立つ記事を書いていきます。