雛人形の片付けはいつ?結婚が遅れるから3日夜に~より、天気が良い日が良し

ひな祭りが終わったらお雛様のお片付け!

雛人形をしまう日はいつがいいんでしょうか?

 

早く片付けないとお嫁に行くのが遅れる、なんて言われているものですから、

親としては早く片付けないと……!と、

中には3月3日、ひな祭りの夜に片付けてしまうなんて人もいます。

 

いやちょっと待って、それさすがに慌て過ぎではありませんか!?

結婚するかしないか遅れるかは子供次第ですが(笑)

そんなに急がなくても大丈夫ですから!

 

スポンサードリンク

 

雛人形を片付ける日はいつがいいの?

3月3日は桃の節句、ひな祭り。

いくら昔の日の変わり目は夕方だったからといって、
夜に雛人形を片付けてしまうのは早過ぎるってもんです。

3日いっぱいは、
子供の成長を喜び、ゆっくりとひな祭りを楽しみましょう。

 

片付けは4日以降。

3月中旬あたりまでに片付ければ良しです。

ひな祭り後2週間以内くらいですね。
これくらいがお嫁に行き遅れない片付け期間のようです(笑)

 

地域によっては、旧暦4月3日まで飾るところもあるそう。

そこは地域や家庭の慣習にそってお片付けすると良いと思います。

 

啓蟄の日にしまうらしいけど?

雛人形を飾る日は、
二十四節気の「雨水」の日に飾ると良縁に恵まれると言われています。

(↑由来は別記事に書きました。)

片付ける日は
同じく二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」にしまうと言われています。

 

啓蟄は3月6日頃で、
(2015年は3月6日)

この日から次の節気である
「春分の日」の前日までの期間としての意味もあります。

 

スポンサードリンク

 

なぜ啓蟄にしまうと言われているのかは、
それがちょうどいい頃合いの目安だからという理由でしょう。

二十四節気を抜き出してみると、

立春→雨水→啓蟄→春分

となっています。

 

春分は3月21日ころですが、このあたりまでには片付けたい。

そうするとひな祭りが終わってすぐの
啓蟄の期間(3月6日~3月20日)は、

雛人形を片付ける期間のちょうど良い目処になるんですね。

 

啓蟄の「お天気の良い日」が片付けの良い日

雛人形をしまうのは、
ひな祭り後2週間以内くらい。

3月中旬までに。

と最初に言いましたが、それがまさに「啓蟄」です。

 

そして特にしまう日として気をつけたいのは、
大安や時間など縁起が良い日、とかではなく……

お天気が良い日です。

 

雛人形の衣装などは湿気に弱く、
雨の湿気た日などにしまうと、しみや虫食いができてしまう可能性も。

2、3日雨が降っていない、
湿度が低く天気が良い日を選びましょう。

 

ということで、結婚が遅れるとかいうのは迷信ですから、
あんまり気にせず。

雛人形を片付ける日は、
啓蟄のからっとした天気が良い日がベストです。

行事

スポンサードリンク

いつもシェアありがとうございます!
姪っ子の叔母

姪っ子の叔母

による記事。★20歳。姉(27歳)と子供や親に関する記事を書いてます。他の記事も見てね。