母子手帳をなくしたら再発行手続きを!予防接種の記録も残ってます

wasuremono

子供をその身に宿してからの大事な記録、アルバムでもある母子手帳をなくしたら……。

エコー写真なんかも一緒になくしてしまったら……。

 

悲しいですよね。情けなく思っているかもしれません。

でもあんまり自分を責めないで。落ち込まないで。

 

育児で大変な中、うっかり母子手帳を紛失してしまったという親は珍しくありません。

親にとっては一生の思い出の品にもなりますが、
子供にとっては一生必要なものというわけでもないですからね。

 

まずは落ち着いて、母子手帳を再発行してもらいましょう。

そして母子手帳の中で重要な記録を再記入しましょう。

その方法をお伝えしますね。

 

母子手帳を紛失したら再発行してもらう

母子手帳は紛失したり盗難にあってしまっても再発行が可能です。

 

注意!もしあなたが妊婦さんだったら。

別冊の妊婦一般健康診査受診票(妊婦健診の補助券)もなくしてしまった場合、こちらは原則再交付されません。

補助券を貰う時に絶対なくさないで!と念を押された人も多いようです。

補助券がないと医療費が高くついてしまいますから、これをなくしてしまった人はなんとか探し出しましょう。

 

スポンサードリンク

 

母子手帳の再発行はどこでできる?手続き方法

再発行してくれる場所は地域の保健センターなどです。

お住まいの地域により異なりますので、ホームページか役所で確認してみてください。

 

そこで「母子健康手帳再交付申請書」といった書類を提出すれば、

新しい母子手帳をもらうことができます。

 

今までを記録してきた母子手帳がまっさらなおニューになってしまうのは悲しいですけどね……^^;

 

今までの記録、予防接種の記録を記入する

新しい母子手帳には今までの
大事な記録が書かれていないので、

これを記入していきましょう。

 

特に大事なものは、

出産時の記録、成長経過と予防接種の記録です。

 

これだけ再現できれば大丈夫ですよ。

といっても、なかなか覚えているものではありませんよね。

そもそも母子手帳がその備忘録なんですもんね。

 

でも備忘録は他にもあります。

 

出産した病院、かかりつけの産科・小児科でカルテが5年間は必ず残っています。

そちらに伺って再記入してもらいましょう。

 

快く引き受けてくださる場合もありますが、
再記入する義務はないため断られることもあります。

できるだけお仕事が忙しくない時間帯に伺うのがマナーです。

 

スポンサードリンク

 

予防接種の記録

母子手帳がなくても予防接種を受けることはできますが、

「予防接種を受けた記録」は大事なものです。

 

母子手帳は中学生以上にもなるとめっきり必要なくなって棚の奥底へ眠ることも多いです。

しかし学校によっては突然予防接種歴を書くように言われたり、
また子供が留学する場合など、

予防接種の記録だけは結構重要になります。

 

これも病院で記入していただける場合もありますが、

保健センターでも予防接種や検診等の成長記録は記入してもらえます。

 

母子手帳を再発行したときに聞いてくるのもいいかもしれません。

その場合は時間がかかることがあるので、
事前に保健センターへ連絡を入れてくださいね。

 

それぞれ地域によって違いもありますので、
まずはホームページや役所で確認してみましょう。

 

母子手帳をなくさないために

母子手帳を紛失した方なら
今後はとっても注意深くなることと思います。

一応、母子手帳をなくさないための注意点を。

 

母子手帳は常に必要なものではありませんから、
必要なときだけ持ち出すようにしましょう。

別冊の補助券も、必要なとき、必要な部分だけ
持っていくことで紛失や盗難による被害を避けられます。

 

育児は大変です。

特に子供が生まれて間もない頃は、子供の世話で精一杯。

持ち物まで気が回らず、
うっかりどこかに置いてきてしまったりすることもあります。

 

母子手帳がない!どこかでなくしたみたい!
いつどこに置いてきたんだろう?外?家の中?

 

そんな方は、まずは落ち着いて
新しい母子手帳の再発行をしてください。

これで一安心、なんて思っていると
忘れた頃に元の母子手帳が見つかることもありますからね。

妊娠・出産 / 子育て・子供

スポンサードリンク

いつもシェアありがとうございます!
姪っ子の叔母

姪っ子の叔母

による記事。★20歳。姉(27歳)と子供や親に関する記事を書いてます。他の記事も見てね。